「令和」

1.SPSPSP

作詞 作曲 林隆宏


またもや壁に直面か いつものことさ いつものように 酒飲んで狂う

ドレミファ歌う いつものことさ いつものように ループだループだループ

煙草に弱さを吐き出した いつものことさ いつものように 一つの疑問を吸い込むよ

人はなんで生きてるの? いつものこと いつものように ループだループだループ


幻想が取り巻いて 幻覚が取り巻いて 離れない 破れたソファー ちょっと座ろうか ちょっと復習

現実が取り巻いて 現状が取り巻いて 離れない 諦めようか そんことよか 本能的に 生きてみるわ


ループが1000回越しました いつものことさ いつものように クラシックとか聞き出すよ

気持ちがオシャレを求めだす いつものことさ いつものように ループだループだループ


いつものように いつものことさ
幻想が取り巻いて 幻覚が取り巻いて 離れない 破れたソファー ちょっと座ろうか ちょっと復習

現実が取り巻いて 現状が取り巻いて 離れない 諦めようか そんことよか 本能的に 生きてみるわ


2.かくれんぼの感覚


作詞 作曲 林隆宏


「パープルミサンガ ピープルミサンガ」 よし決めた 僕は 僕と 言ってやろう

「パープルミサンガ ピープルミサンガ 」 未来に描いた僕は 華やかだったなあ


リストカッター 僕のこと リストカッター 君のこと

この腕の感覚 ずっとずっと 続け

この感性 感触 感動 感覚 を


もういいかい?もういいよ と かくれんぼの感覚 取り戻そう

もういいかい?もういいよと 言った瞬間 そいつをやっちまえよ



「パープルミサンガ ピープルミサンガ 」よし決めた 僕はとことん いってやろう

「パープルミサンガ ピープルミサンガ 」 アルペジオで発生 この和音 和音


リストカッター 僕のこと リストカッター 君のこと

この腕の感覚 ずっとずっと 続け

この感情 変換 音楽 三人 を


もういいかい?もういいよ と かくれんぼの感覚 取り戻そう

もういいかい?もういいよと 言った瞬間 そいつをやっちまえよ



リストカッター 僕のこと リストカッター 君のこと

この腕の感覚 ずっとずっと 続け

この感性 感触 感動 感覚 を


もういいかい?もういいよ と かくれんぼの感覚 取り戻そう

もういいかい?もういいよと 言った瞬間 そいつをやっちまえよ


もういいかい?

もういいよ

もういいかい?

もういいよ


もういいかい?

もういいよ

もういいかい?




「もう いいよ」


3.日本人(令和 Ver.)
ゲストコーラス 森野一也(舶来居酒屋 OFF-SHORE)


作詞 作曲 林隆宏


日本人は 働きすぎだと思うのだ 僕はそう思うだけ 金曜日の6時すぎ


そういえば 日曜月曜火曜日は  久しぶりに スーツを着て

会社に行ったな 電車が怖かったなぁ



日本人に 日本人に なってきた 28歳の 僕がそこにいたのは

紛れも無い 真実なのだ それでも日本は僕をおいて 明日へと向かうのだ



日本人は働きすぎだと 思ってたけど 俯瞰的に自分を 見たらば 負け犬の クズだった

日本人は 酒飲んで 飯食って 働いて 寝てりゃぁ 人並みの生活はできるのに


なんでそれをしない? なんでそれをしない?僕はなんでそれをしない?


日本人に 日本人に なってきた 28歳の 心のモヤモヤは なんだろう?

25歳で ロックスターに なっている予定だったのに


これが現実なんだ 受け止めるしかねぇ


形あるものが 壊れるように 終わりという 始まりがある

時代の流れもその一つだ しかし 最近では 形ないものも 壊れるようになったよなあ

SNSやインターネット 目に見えないつながり うすっぺらい人間模様

嗚呼、大丈夫か?日本 やるしかねえだろ?

この平成の終わり、新元号とともに 日本人は 歩む


日本人に 日本人に なってきた 28歳の 僕がそこにいたのは

紛れも無い 真実なのだ それでも日本は僕をおいて 明日へと向かうのだ


日本人に 日本人に


4.不確かな証明


作詞 作曲 林隆宏


不確かな君の証明 現れる 不確かだ 僕の証明 君の理想


抱 僕 君 理想 抱 言 君 理想 抱 言 君 理想 出 言 君 言葉


不確かな証明の名は こう言ったんだ

「夕焼け子焼けの誕生祭」夕焼け子焼けの僕たちが

見たのは 不確かな証明 

夕焼け子焼けでまた明日 答えは無くてもいいんだよ